2017年07月23日

符計算という高いハードル

麻雀初心者に立ちはばかる大きな壁。
それが符計算。

頭の符、面子の符、待ち形やアガリ形の符・・・
何でこんなに複雑なのか。

役の種類を覚える。
役の翻数を覚える。
ここまでは何とかなる。
この次の符計算、ここで一気にハードルが上がる。

麻雀愛好家の中にも、符計算を覚えていない人がけっこういる。
メンツの中に符計算ができる麻雀ガチ勢が一人いれば困らない。
もしくは、全て30符として計算する「簡易版」ルールでやれば符を覚える必要は無い。
符計算知らないメンツで打つときは、だいたいこの「簡易版」ルールを採用する。
このルールのおかげで、符計算ができなくても、麻雀が楽しめる。
それはそれでありがたいのだが、そのルールに甘んじることによって、
符計算を覚えないまま過ごしてしまうのだ。

しかし、メンツが変われば状況も変わる。
麻雀ガチ勢メンツの中に飛び込んだとき、
ルールはもちろん、簡易版でなく正式版だ。
一人だけ点数申告を人任せという状況では、
楽しく麻雀を打てるはずが無い。

そもそも、自分の手が何点になるか分からないのは
根本的な問題だ。
手作り、押し引きの微妙な判断ができない。

麻雀をやる以上、符計算からは逃げられない。
腹をくくって、覚えるしかない。




麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


タグ:符計算
posted by シルバ at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 麻雀日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

【天鳳】第七期 天鳳名人選 第一節の結果

2017年7月7日 20:00〜
第七期 天鳳名人戦 第一節をFRESH!で視聴しました。

A卓、B卓、C卓に分かれての対局で、
ニコニコ生放送のアンケート結果で
どの卓を観戦するかを決めるシステム。
自分の見たい卓が見られるとは限らないので、
そこは残念。
それでも、名人位を賭けた闘いを見ることができるので、
大いに楽しむことができます!

さて、第一節の結果は以下のとおり。

【第一節終了時点での結果】
1位:多井隆晴 201.2
2位:福地誠 78.7
3位:木原浩一 59.2
4位:シンプルなワキガ 31.8
5位:トトリ先生19歳 27.4
6位:独歩 20.6
7位:中嶋隼也 19.6
8位:タケオしゃん 18.7
9位:小林剛 -9.9
10位:石橋伸洋 -113.7
11位:就活生@川村軍団 -148.2
12位:コーラ下さい -185.4

RTDリーグで苦戦を強いられている多井が絶好調スタート。
RTDリーグで好調の小林剛は不調スタート。
石橋は両方で不調の模様。
天鳳勢は前回名人位の福地誠が好調。
今回初参戦のシンプルなワキガもまあまあ良い成績。

【後半A卓の2回戦 東4局】
木原浩一が、河底でスーピンを切って満貫放銃したシーンが衝撃的でした。
攻めに攻める姿勢で結局トップを取ったのでかっこよかったです。

続きを読む



麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


タグ:天鳳
posted by シルバ at 19:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天鳳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

【RTDリーグ】鈴木たろう 天才ゆえのあがり逃し

RTDリーグ2017 WHITE DIVISION
36回戦

オーラス、箱割れダンラスの鈴木たろう。

他者の先行リーチをかいくぐりチートイツテンパイ。

打牌候補はドラの3萬か、4萬。
普通はドラ単騎のテンパイに取るところ、
たろうは山読みで4萬単騎を選択!

ゼウスの選択。

解説の多井も唸る。

そして、リーチ後一発目のツモが何と、

3萬

悲鳴が対局者にまで聞こえたとか。

防音対策はしっかりやってもらうとして、

それほど盛り上がった裏目選択でした。

凡人であれば、リーチ一発ツモチートイドラドラ。

鈴木たろう 天才ゆえのあがり逃し。










麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


posted by シルバ at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | RTDリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする