2012年08月16日

対戦相手によって打ち方を変えよう

麻雀には、全ての人に対して通用する必勝法といったものはありません。自分の得意な打ち方はあると思いますが、常に同じ打ち方をしていては、対戦相手によっては通用しない場合もあります。
相手によって効果的な戦略は違います。
勝率アップのためには、相手に応じて柔軟に打ち方を変えることが重要です。

対戦相手によって打ち方を変える、具体的な例を挙げてみましょう。

おりるときはスジを頼り気味のGさん
これは簡単ですね。引っかけリーチにひっかかりやすい人です。 愚形テンパイでも待ちがスジ引っかけになっていれば躊躇なくリーチ。Gさんからの一発に期待します。

おりないNさん
おりないNさん相手には、良形、せめてリャンメン待ちでリーチする必要があります。なぜなら、危険牌でもどんどん切ってきて安全牌を増やし、しまいには追っかけリーチと来るからです。愚形リーチで止めることは難しいでしょう。

GさんとNさんと同卓した場合、Gさんから上がりたい場合は引っかけリーチ、Nさんから上がりたい場合は良形リーチと使い分けます。

手役志向のTさん
手をしっかり育てるTさん。ダマでも大きい手を上がるTさん。そんなTさんのリーチは非常に怖いので、ベタおりしましょう。手作りをしている分、若干テンパイまで遅くなりがちなので、その隙に早上がりしてしまうのが得策です。特に、Tさんが親のときは早上がりに徹しましょう。

早上がり得意のQ君
鳴きが上手い人がいます。ただ鳴いているのではなく、確実に早上がりに結びつく鳴きをする人。親で連荘されて手が付けられなくなります。対策は正直難しいです。Q君より先に上がろうと早上がりに何度も挑戦しましたが、成功した試しがありません。自分には鳴きの技術がないのでしょう。上がり対決では負けます。
Q君を相手にするときは、まず、先に上がられても動じないことが重要です。早上がりされると、つい自分も早く上がらなければとあせって、早上がりスタイルに移行しがちになりますが、恐らく失敗します。
次に、欲しい牌を簡単に出さないこと。欲しい牌が出なければ、鳴きミスをする可能性が増えます。鳴きミスとは、早上がりに結びつかない、ただ手を狭めるだけの鳴きのことです。Q君が欲しそうな牌を絞りつつ、いつか鳴きミスをしてくれるのを待つ。鳴きミスをした場合は、反撃チャンス。こちらのリーチが間に合えば手を狭めたQ君は苦しむでしょう。






麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


posted by シルバ at 16:46 | 麻雀戦術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。