2012年08月27日

麻雀上達を促す3つの役

場数をこなしていくことは、麻雀上達のためには必要なことです。しかし、ただこなすだけでは一定レベル以上の進歩を望めません。
ここでは、この役を狙って打てば麻雀上達につながる、という役を3つ紹介します。

リーチ
初心者は鳴ける牌が出たらとりあえず鳴く、といったことをしてしまいがちですが、それだと手作りを体得することができません。面前で手を進めてリーチをする、まずはこの基本を繰り返しましょう。役牌が対子で2枚目がでても鳴かない。頭で使うか、切り落としていく。そういう打ち方をしていれば、していない人より確実にレベルが上がります。

ピンフ
対子を捨てれずつい七対子を狙う、というのも初心者にありがちなこと。牌効率を考えると、不必要な対子は見切って手を進めなければなりません。。
ピンフを狙う=牌効率を考えて打つこと。
ピンフを狙って効率のよい牌さばきを身につけましょう。

三色同順
ピンフを作るのに慣れてきたら、三色をつけれないか意識して手作りをしましょう。間違っても自ら三色を捨てないように。とはいえ、私もうっかり三色になる方を切ってしまうことがあります。3面子の伸びる可能性を意識して、手役を育てる力をつけましょう。






麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


posted by シルバ at 18:27 | Comment(0) | 麻雀初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。