2012年08月28日

チップについて

麻雀には、点棒以外にチップのやり取りをするルールがあります。ほとんどの雀荘ではこのチップルールが採用されているようです。

チップは、赤ドラ、一発、裏ドラにつきます。
赤ドラ1枚持ってロンあがりした合、ロンされた人からチップを1枚もらえます。
赤ドラ1枚持ってツモあがりした場合、3人全員から1枚ずつもらえます。

また、役満にもチップがついたり、とんだときの罰則としてチップを払うというルールもあります。

ちなみに、私が仲間うちでやるときのチップルールは以下の通りです。
・赤ドラ1枚、裏ドラ1枚につき1枚。
・一発1枚。
・役満5枚。
・とび2枚。とばした人に払う。ノーテンでとんだらテンパイの人全員に2枚ずつ払う。

たいていは、点数で勝っている人に自然にチップが集まりますが、たまに、勝っているけどチップはマイナス、なんてこともあります。特に、チップのレートが高いルールでやるときは注意して打ちましょう。






麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


タグ:チップ
posted by シルバ at 07:50 | 麻雀日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。