2012年08月28日

チップ麻雀のコツ

私は昔、点数のレートに比べてチップのレートが高いルールで麻雀を打つことがよくありました。チップさえ浮いていれば、さほど順位を気にしなくてよいという麻雀です。
チップが重要な麻雀では、普段と打ち方を変えなければ勝利に結びつきません。
私の経験をもとに、このチップ麻雀で気をつけなければならないことをいくつか紹介します。

ツモあがりする
ツモあがりだとロンあがりの3倍のチップが手に入ります。積極的にツモあがりを目指しましょう。ツモあがりの期待できる両面待ち、三面待ちになるように手を進めます。ツモれる自信のある待ちなら、ロン牌を見逃す選択も間違いではないでしょう。

リーチをかける
チップは裏ドラと一発につきますが、裏ドラと一発がつくのはリーチをかけたときのみ。リーチは積極的にしましょう。リーチー発裏3ツモの4枚オールは快感です。

内に寄せる
これは普段からやっている人も多いと思いますが、やはり赤ドラを使うためにも、重要なことです。配牌が悪いからといってすぐにチャンタ系にいくのもやめた方がいいです。中盤になって赤ドラ牌を引いたときに身動きが取れなくなるからです。
赤ドラ牌の受けを常に考えて打ちましょう。






麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


posted by シルバ at 12:19 | Comment(0) | 麻雀戦術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。