2012年09月05日

スジで振る男

Gさんには、下手の物好きという言葉がよく似合います。
麻雀は人一倍好きだけど、いつも勝てないのです。
Gさんはスジを信用し過ぎる傾向があります。リーチがかかる悩み始め、「スジッ!」と強打して振り込みます。毎回スジで振っているのに、悩んで出てくる牌は必ずスジ牌。
ベタおりはほとんどしません。

Gさんの手が出来上がるのは、他の人より遅い傾向があります。それはなぜか改めて考えると、打ち方に問題がありました。よく分からない牌を危険牌と決めて止めているのです。結局手が進むとその止めていた牌を切るのですが、特に危険じゃないことがほとんどです。その仮想危険牌を抱えることで、手の進みが遅くなっています。

他の人より遅いので、あがるためには勝負に行かなければならず、スジを通そうとして振ってしまう。スジで振ることで過剰に防衛意識が働き、また手作りが遅くなる。
そんな悪いスパイラルに陥っているのです。
Gさんはよく負けるのですが、負けた次の日にも自ら率先して誘ってきます。それほど麻雀が好きなのでしょう。その麻雀愛の部分に関しては、凄さを感じる打ち手です。






麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


タグ:雀士紹介
posted by シルバ at 19:00 | Comment(0) | 雀士紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。