2012年09月19日

国士無双をあがりきるには

九種九牌レベル、あるいはそれ以上に配牌が悪いとき、国士無双を考えると思います。

その場合、いらないチュンチャン牌をただ並べ打ちするだけでは、あがるチャンスを逃すことになります。

本気であがりたい場合に大事なのは、「悟られないこと」です。相手に「あいつ国士無双やってるな」と思われたら、あがり牌を止められる可能性があります。
相手に悟られないために、以下のことを心がけましょう。

かぶっているヤオチュー牌が2組以上ある場合は、できるだけ早めに捨て牌に並べる。
七対、対々、ホンイツあるいは字一色など、他の役の可能性を見据えるとどうしても対子を残したくなります。しかし、決断を早めに下しておかないと、終盤での出あがりチャンスを逃してしまいます。「一九字牌はそこまで必要としてないよ」と捨て牌でアピールすることが大事です。

序盤では捨てる数牌を2色のみに制限し、ホンイツに見せかける。
国士無双を狙う以上、捨て牌が偏ってしまうのは仕方ないですが、せめてホンイツに見せる工夫はしましょう。3色ばら打ちでは、「俺は国士無双をやっている」と宣言しているようなものです。
ホンイツだと思わせることができたら、3枚切れの字牌や無関係の一九牌をポロッと出してくれるかもしれません。







麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


posted by シルバ at 07:09 | Comment(0) | 麻雀戦術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。