2012年09月20日

長期戦を制するには

麻雀はどうしても長時間プレイすることになりがちです。ずっと麻雀を打っていると、しだいに集中力がなくなってきます。集中力がなくなると、振らなくていいときに振ったり、切る牌を間違えたりと凡ミスが増えてしまいます。

このような事態を避ける方法があります。それは、あえて集中しないタイムを設けるのです。
集中力は永遠に続くものではありません。常人は、持って1〜2時間が限度です。ですので、 ところどころであえて集中しないタイムを設けて、大事なところでのミスを防ぐのです。

2人で行う囲碁や将棋であれば、相手に対して常に、攻撃あるいは守備
を行わなければなりません。 麻雀は4人でやるゲームです。1人が観戦者のような立場で勝負に参加しなくてもよいのです。もちろん、守る意識は必要ですが、攻めながら守るよりははるかに簡単で神経を研ぎ澄ませる必要はありません。

きっぱりと勝負にいかないときを作る。そのときは、あがりに向かわず守りに徹して集中力を休める。これが、麻雀の長期戦を制するためのコツです。






麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


タグ:麻雀戦術論
posted by シルバ at 07:41 | Comment(0) | 麻雀戦術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。