2012年09月28日

麻雀バカ・沖本瞬

俺は麻雀バカだ
バカだからこそ麻雀を舐めてる奴を見ると無性に腹が立ってね
天牌1巻第1話「裏メン」より


沖本瞬は、初めて訪れた雀荘「ゆたか」のメンバーと塩谷にトウシ(通し)をやられて負けてしまいます。ここで出会った黒沢さんから、「塩谷は裏メンでありトウシをやっている」ことを告げられ、リベンジを誓う瞬。後日再び「ゆたか」に乗り込みました。今回は別卓に送り込んだ知り合いの協力のもと、トウシの邪魔をして塩谷の調子を狂わせます。そして、逃げようとする塩谷に対して冒頭のセリフ。塩谷は結局逃がしてもらえず、最終的には瞬の四暗刻単騎に振ってしまいます。しかも、待ち牌はドラ。塩谷は安牌に見えるドラ暗刻を落として振ったのです。なぜ瞬はドラ単騎で待ったのか?実は、別卓の知り合いからのトウシによって塩谷の手牌を教えてもらっていたのです。「お前もトウシをするのかよ」と突っ込みたくなりますが、やられたからやり返したまでのことでしょう。

瞬はこれまでトウシをしことがあるのか?
具体的な描画はないですが、店のメンバーが瞬の名前を覚えていることから、再び「ゆたか」を訪れるまでにそれほど期間は空いていないはずです。瞬はその短期間でトウシを覚えたのか、それとも、もともとトウシ技術を持っていたのか。その後、黒沢さんやよっちんたちのサマを見て、
これは・・・マジックショーじゃないですか
俺の好きな麻雀は・・・・・・
麻雀ってゲームはこんなもんじゃない
と怒っていることから、おそらくトウシをしたことはなかったと思われます。ということはつまり、トウシ技術をいちから覚えて乗り込んだことになります。その行動力と学習力には脱帽です。さすが、自ら麻雀バカを名乗るほどのことはあります。

【中古】B6コミック 天牌(1) / 嶺岸信明 【10P14Sep12】【画】【中古】afb 【ブックス0920】




天牌名言一覧






麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


posted by シルバ at 05:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天牌名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック