2012年10月02日

命懸けのあがり

俺はプロだ
プロ意識を持って打っている
たとえ殺されたって
牌を裏切ることはできない!!
天牌2巻第3話「裏の男」より


雀荘「天三荘」で勝ちを重ねる瞬。天三荘のマスター石動は瞬を潰すために「その道の人」を揃いに揃えました。箱ラスで12万のレート―石動が今までの負け分を一気に取り戻すためのセットでしたが、瞬は牌の流れを掴み、6連勝を飾ります。
そして7戦目、メンチンをテンパった時、背中にナイフを突きつけられます。
「いいかげんにしろよ坊主……これから先 ツモの一言でも言ってみろ もっと深く突き刺さるぜ」
と脅されますが、瞬はあがり牌を引き、殺される覚悟でツモを宣言しました。
思いっきり刺されそうになりますが、裏でNo.1と言われている男・入星祥吾のおかげで助かります。

命懸けであがった瞬。さすが麻雀バカです。麻雀のためだけに生きている男といっても過言ではないでしょう。

命より麻雀。さすがにそこまでの覚悟を持つことはできません。

天牌 2―麻雀飛龍伝説 (ニチブンコミックス)



Amazon.co.jp公式サイトへ


天牌名言一覧






麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


posted by シルバ at 05:56 | Comment(0) | 天牌名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。