2012年10月27日

【天牌名言】まだまだ俺は未熟者

まだまだ俺は未熟者
麻雀において知らないことのほうが多すぎる
でも わずかに残されたこの時間の中で
ありとあらゆるものを俺は吸収させてもらいますよ
天牌15巻第14話「卓上の台風」より


新満の四暗刻で幕を開けた天狗麻雀。瞬は相手のレベルの高さを感じ取ったのか、震えていました。ただ、"全身にしびれを伴う心地よい震え"と表現されていることから、恐怖を感じているのではなく、強い相手との対戦に興奮しているのでしょう。まるで、強敵の戦いを望み続けた悟空のようです。「オラ ワクワクすっぞ!」と聞こえてきそうです。瞬の場合はこの対局に対する意気込みを冒頭のように表現しました。

瞬ほどの才能の持ち主が「まだまだ俺は未熟者」と言うのは嫌味にも聞こえますが、それだけ対戦相手のレベルが高いという証拠。

ソクラテスの「無知の知」ー。"自分が無知であることを知っている人間は、自分が無知であることを知らない人間より賢い”という意味ですが、"賢い"を"成長する"に置き換えれば、今回の場合に当てはまります。麻雀でもなんでも、自分の無知を自覚するところから成長は始まるのです。現時点の自分で満足している人に成長はなく、"自分は未熟者"と思っている人間こそ成長していきます。

現時点の自分に満足せず、常に成長を求める瞬の姿勢を見習いたいと思います。

天牌名言一覧へ

【中古】B6コミック 天牌(15) / 嶺岸信明 【10P9Oct12】【2sp_121011_yellow】【画】【中古】afb 【ブックス0920】









麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


posted by シルバ at 06:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天牌名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック