2013年02月21日

【天牌名言】麻雀は所詮トップ奪りゲーム

麻雀は所詮トップ奪りゲーム
タッグを意識し過ぎた俺がバカだったのかもしれない
 天牌37巻第10話「わななく肩」より

黒流会VS波城組の戦いにて、波城組のメンバーとして対戦しているよっちんのセリフ。
よっちんは仲間である北岡からの出あがりを何度も見逃すなど、チームの勝利を重んじて戦っています。
それがまあ普通でしょう。
かたや北岡。
よっちんからもどんどんあがります。
しかも、”自分がラスのまま、よっちんはトップから3着へ”という最悪の倍満も平気であがる始末。
このときは敵である八角さんもさすがに突っ込みました。

八角「倍満って お前気でも狂ったのか… そのアガリ テメエはラスままで相棒をトップから3着に引き摺り降ろしたんだぜ」
北岡「ここでアガリ牌を見逃すと俺には一生運が回ってこないと思わない?しかもトップから出たってのに今後の光明を感じられるよね」

波城組サイドはもちろん怒ります。
盛岡「ふっ… ふざけんなテメエ!」
中釜「北岡交代だ」
北岡「なぜ俺が交代しなきゃなんないんだよ」
中釜「少し頭を冷やす時間が必要なんじゃないかと思ってな」
北岡「それは考え方の相違っしょ」
北岡「頼みますよ 次の半荘伊藤ちゃんより下だったら替えてくれても構わないからさ」
中釜「お前誰と勝負してんだ」
北岡「俺が勝負してるのは人間じゃなくて麻雀とですよ」

波城組サイドから見れば、「はぁ、何言ってんだコイツ」と言いたくなる北岡の言い分。
しかし、結局北岡の続投を許す中釜さん。
北岡に甘い!

結局次の局は、トップのよっちんを3着に引き摺り下ろし、自分は2着というアガリをした北岡。
よっちんは何度も味方の北岡に引き摺り降ろされ、「麻雀は所詮トップ奪りゲーム」と半ばやけ気味に納得するしかなかったのかもしれません。

チーム戦を経験したことはありませんが、「麻雀は所詮トップ奪りゲーム」というのは一理あると思います。チームを意識し過ぎると自分のいい流れを殺しかねない。1対3での戦いは、誰からもあがれる1の方が有利だと聞いたことがあります。やはりチーム戦の場合でも基本的に全員敵だと思った方がいいのかもしれません。
が、北岡はやり過ぎ。トップ取れそうな味方の邪魔をしなくても・・・。








麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


posted by シルバ at 07:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天牌名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック