2013年03月26日

【天牌名言】戦慄いちまってるなぁ 坊やの打牌も坊や自身も

戦慄いちまってるなぁ 坊やの打牌も坊や自身も
 天牌41巻第7話「戦慄く打牌」より

三國さんが北岡に言ったセリフ。
「戦慄く」と書いて「わななく」。
これが読める人はかなりの天牌マニア。
もしかしたら自分が無知なだけかもしれませんが、
初めて出会った言葉でした。

goo辞書で【戦慄く】の意味を調べると、

1 恐怖・緊張・寒さなどのためにからだがふるえる。「怒りのあまり―・く」
2 声や楽器の音などがふるえる。
「ただ泣きに泣きて御声の―・くもをこがましけれど」〈源・行幸〉
3 ちぢれる。そそける。
「髪なども…所々―・きちりぼひて」〈枕・八三〉
4 動揺する。ざわざわと動く。
「下揩フ物見むと、―・き騒ぎ」〈落窪・二〉

とありました。
源=源氏物語、枕=枕草子、落窪=落窪物語のことで、古典ではよく使われている言葉のようです。

三國さん、さらりと使うあたり、教養が深い。
一般人が日常使わないであろう言葉も難なく使いこなせる、それが天牌雀士の魅力です。







麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


posted by シルバ at 05:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天牌名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。