2017年02月17日

藤田社長、驚異のビタ止め

昨日(2/16)の放送は、
BLACK DIVISION5/6回戦
6回戦の途中から見ることができました。

そこで目撃したのは、藤田社長の驚異のビタ止め!

オーラス。

トップ目で親・猿川の先制リーチ。

メンタン三色確定の5-8萬待ち。

藤田社長は逆転手、
ソーズのチンイツイッツードラドラをテンパイし、
危険牌を数枚押して勝負していた。

そこに、猿川の当たり牌・8萬を持ってくる。

動きが止まる社長。

そして、まさかのテンパイ崩し!

8萬ビタ止め!

なぜに止まるのか。
アンビリーバブル。




麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


posted by シルバ at 07:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | RTDリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「オリ打ち」だと「オリる意思を持っての打牌で放銃」という意味で捉える文化もありますのでここは「驚異のビタ止め」が無難でしょう。
私はその文化圏の人間なので最初「藤田さんがとんでもなく酷い放銃をした」に見えましたw
Posted by nanasi at 2017年02月18日 07:57
なるほど。
ご指摘ありがとうございます。
タイトルと本文の関連箇所を訂正しました。
Posted by シルバ at 2017年02月21日 22:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447073434

この記事へのトラックバック