2014年10月09日

符計算を覚えよう

麻雀の点数はハン数と符点で決まります。

ハン数は手役で決まります。
符点はあがり方や手牌の構成などで決まります。

ここでは、符点の計算方法について説明します。

その1「基本20符」
あがれば必ず20符つきます。
この20符のことを副底(フーテイ)といいます。

その2「面前ロン10符」
面前ロンであがれば10符つきます。

その3「ツモ2符」
ツモあがりすれば2符つきます。
面前でも鳴いていても2符です。

その4「雀頭役牌2符」
アタマが役牌であれば2符つきます。
ピンフにならないアタマに符が加えられるということです。

その5「刻子系メンツ」
刻子系のメンツに符がつきます。

中張牌(2〜8)の明刻(ミンコ)は2符。
中張牌(2〜8)の暗刻(アンコ)は4符。
中張牌(2〜8)の明槓(ミンカン)は8符。
中張牌(2〜8)の暗槓(アンカン)は16符。
ヤオ九牌(1・9字牌)の明刻(ミンコ)は4符。
ヤオ九牌(1・9字牌)の暗刻(アンコ)は8符。
ヤオ九牌(1・9字牌)の明槓(ミンカン)は16符。
ヤオ九牌(1・9字牌)の暗槓(アンカン)は32符。

その6「ペンカン単騎待ち2符」
ペンチャン待ち・カンチャン待ち・単騎待ちであれば2符つきます。

最後に
上記合計の1の位を切り上げた数が符点となります。






麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


posted by シルバ at 05:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 麻雀初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

裏スジとまたぎスジ

「裏スジ」と「またぎスジ」は捨て牌読みの基本です。

裏スジ
例えば"245"と持っている場合、牌効率のセオリーから考えれば"2"を切ります。45が最後まで埋まらなければ、"3-6"が待ちになります。この"2"に対しての"3-6"を裏スジと言います。捨て牌の隣のスジが裏スジとなります。

間4ケン(アイダヨンケン)
裏スジ読みの発展系です。例えば、"2457"と持っていたとすると、"2"と"7"が処理されて"45"が残ります。
"2"の裏スジが"3-6"、"7"の裏スジも"3-6"です。"2"と"7"のように間が4つ空いている牌のことを間4ケンと呼び、裏スジが複合するため危険度が高いと判断するのです。

またぎスジ
例えば"223"と持っている場合、牌効率のセオリーから考えれば"2"を切ります。この場合"1-4"が待ちとなる可能性があります。この"2"に対しての"1-4"をまたぎスジと言います。捨て牌をまたぐスジがまたぎスジとなります。


例えば"2445"と持っているとき、"2"は早い段階で切られることになります。"4"はテンパイ時もしくはイーシャンテン時など終盤で切られることになります。そのことを踏まえると、序盤の捨て牌の裏スジと終盤の捨て牌のまたぎスジは危険だと考えることができます。




麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


posted by シルバ at 06:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 麻雀初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

理にかなった打ち方の超基本

麻雀は運ゲームであり、また、スキルゲームでもあります。運に任せて打って勝てることがあるかもしれませんが、長いスパンで考えると、スキルゲームという側面が強くなります。確率論に従い、理にかなった打ち方をしなければ勝率アップにつながりません。

ここでは、理にかなった打ち方の超基本を紹介します。超基本なので、ほとんどの方が知っていて実践していることです。実践していない人というのは、初心者もしくはオカルト打法をものにした凄腕の雀士くらいだと思います。

一九字牌(ヤオチュー牌)は見切る
字牌は縦にしか伸びません。一九牌は縦と一方向の横にしか伸びません。縦にも横にも伸びるチュンチャン牌を大事にして、テンパイ速度を高めましょう。

リャンメン待ちを大事に
当たり前ですが、受け入れ枚数の多いターツを残します。カンチャン、ペンチャンよりリャンメンです。

不要な対子は見切る
七対子や対々をあえて狙わない限り、対子は1つあれば充分です。また、メンツを作るにしても、刻子を作るより順子を作る方がはるかに効率が良いです。不要な対子は、早々に1枚落として、くっつき待ちで将来の順子候補にするのが得策です。

理にかなった打ち方というのはつまり、「タンヤオピンフ」をめざすことです。
初心者の方は、まず、タンヤオピンフの手作りを積み重ねましょう。そうすれば、自然に理にかなった打ち方が身につくはずです。




麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


posted by シルバ at 07:17 | Comment(1) | 麻雀初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。