2012年09月12日

ドラ単騎リーチ

ドラ単騎リーチ、あなたはやりますか?
私は、「ドラ単騎リーチは論外」と考えています。リーチは、ツモれる待ちか、相手から出てくる待ちでするものです。ドラは、まず振り込んでくれる人がいないでしょう。先行リーチ者が振り込む可能性がありますが、その人の方がきっといい待ちのはずで、きっと自分が振り込む可能性の方が高いです。果たしてツモれるか?ですが、私は引きがそれほど強くないと自覚しているので、ドラ単騎を引きあがる自信が全くありません。
先行リーチ者に対してドラ単騎オープンリーチで仕掛ける強者がいます。無鉄砲にもほどがあります。ただ、正直に言えば、そういう打ち方に男らしいかっこよさを感じますね。そして、そういう待ちをツモれられたり、自分が振り込んだりすると、精神的大ダメージを受けます。

あがるつもりはなく、もしあがれたら相手に精神的にダメージを与えられる、そういう観点からドラ単騎リーチをやってみてもいいかもしれませんが、自分が振り込む可能性が高いことを忘れないように。






麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


posted by シルバ at 07:58 | 麻雀戦術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

カンは控えよう

カンをすると、表ドラと裏ドラ計8枚増えます。ドラが増えるチャンスは4人全員平等です。自分だけ有利になることは少ないでしょう。また、アンカンすると面前扱いにもかかわらずその牌をさらさなければなりませんし、捨てることができなくなってしまいます。

カンを絶対すべきでないとき
・自分が鳴いているとき
・テンパイまで遠いとき
・リーチ者がいる、もしくは、面前でテンパイしそうな気配の他家がいるとき

カンしてもいいとき
・一人リーチをかけていて、他3人がおりに回っているとき
・自分は面前イーシャンテン、他3人は鳴いているとき

要は、カンによるドラ増加の恩恵を自分だけが受ける可能性が高いときのみカンをしましょう。

ドラ以外のカンのメリットを考えてみると、
・符が増える
・ツモが一回増える(デメリットにもなりうる)
・リンシャンカイホーであがれるかもれない
・四槓子の可能性がでてくる

あまりメリットらしいメリットがありません。よっぽどのことがない限り、カンは控えましょう。



麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


タグ:カン 打ち方
posted by シルバ at 18:47 | Comment(0) | 麻雀戦術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

現状トップじゃないときの麻雀の打ち方

麻雀はトップを取りに行くゲームです。現状トップじゃないときは、トップを奪い取りに行きましょう!

トップとの点差を常に意識する
まずは、現状を知ること。トップを取るには何点必要なのか把握しましょう。

勝負手では押す
トップ者が勝手に沈んでくれることもありますが、それを待つだけでは勝てません。自らあがりに行って、逆転を狙いましょう。そのために、勝負手が来たら押すこと。ベタおりではトップへの道はほぼ無いに等しいです。

点差を意識した手作り
例えば、オーラスでトップとの点差1500点のとき。
ここで満貫の手は必要ありません。1000点直撃もしくはツモゴットー(500・1000)で逆転トップです。むやみに高い手を作ろうとせず、点差に応じた手作りをしましょう。
ホンイツっぽい配牌が来ると、ホンイツ一直線に行ってしまう人がいますが、本当にホンイツ手が必要なのか考えましょう。点差によっては、ピンフ手で充分なときもあるはずです。



麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


タグ:打ち方
posted by シルバ at 07:35 | Comment(0) | 麻雀戦術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする