2017年08月26日

【雑記】仮面ライダー電王/Amazonビデオ

仮面ライダー電王をAmazonビデオで久しぶりに見た。
数年前にハマって以来。

暇つぶしで何気に流してみたら、集中して見始めてしまった。
娘も「おもしろい」とのこと。これはうれしい。

モモタロスのキャラが良い。
圧倒的自信家。前向き。楽しそう。
見ててワクワクする存在。

それにしても、
Amazonビデオを自宅テレビで視聴できるFire Stick TVって、
今更ながら便利。
DVDを借りに行く手間無し。
プライム会員は無料のコンテンツがけっこう用意されている。

ただ、最近はほとんど使っていなかった。

Fire Stick TVからAbemaTVを見れるので、
RTDリーグをたまに見るくらい。
ただ、麻雀番組は娘に「つまらない」と一蹴されるので、
テレビではあまり見ない。
そういえば、AbemaTVをFire Stick TVで見るとき、たぶんコメント表示ができない。
少なくとも私はコメント表示の仕方を知らない。
無くても困らないけど、無いとちょっとさびしい。

話がそれてきた。

とにかく、久しぶりに電王を見てテンションがあがったという、それだけの話でした。









麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


タグ:電王
posted by シルバ at 19:13 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【麻雀本】ウザク本1買いました

先日、『麻雀 傑作「何切る」300選』を購入。
先月発売の『麻雀 定石「何切る」301選』の前作です。
時代を一周遅れで追いかけています。

このシリーズは「ウザク本」と呼ばれ、
天鳳界隈では有名な書籍、
というのをちょっと前に知りました。

ウザク本2が発売されたタイミングで、
期待を込めて本屋さんに立ち寄ったところ、
ウザク本1が置いてあり、
「まぁまずは1からか」
と思い、購入しました。

このウザク本。
自分の間違いを正すために、
非常に役に立ちます。
何気なく惰性で切ってしまっている牌。
実はもっと良い選択がある、と気づかせてくれます。

この本を活用できれば、
惰性で切る牌が正解、という状態になるはず!

そもそものきっかけは、
数ヶ月前からはまって読み漁っている福地ブログです。
福地ブログの影響で、戦術本への興味が非常に高まっている状態です。
福地関連本は『手作りと押し引きの鉄戦術』以来の2冊目。

福地氏はブログで、読み易さへのこだわりをよく語られていますが、
本を手に取ると、そのこだわりが本物であることが分かります。

回し者みたいになってしまいました。
魅力的なブログの力は偉大。






麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


posted by シルバ at 12:38 | Comment(0) | 麻雀本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

符計算という高いハードル

麻雀初心者に立ちはばかる大きな壁。
それが符計算。

頭の符、面子の符、待ち形やアガリ形の符・・・
何でこんなに複雑なのか。

役の種類を覚える。
役の翻数を覚える。
ここまでは何とかなる。
この次の符計算、ここで一気にハードルが上がる。

麻雀愛好家の中にも、符計算を覚えていない人がけっこういる。
メンツの中に符計算ができる麻雀ガチ勢が一人いれば困らない。
もしくは、全て30符として計算する「簡易版」ルールでやれば符を覚える必要は無い。
符計算知らないメンツで打つときは、だいたいこの「簡易版」ルールを採用する。
このルールのおかげで、符計算ができなくても、麻雀が楽しめる。
それはそれでありがたいのだが、そのルールに甘んじることによって、
符計算を覚えないまま過ごしてしまうのだ。

しかし、メンツが変われば状況も変わる。
麻雀ガチ勢メンツの中に飛び込んだとき、
ルールはもちろん、簡易版でなく正式版だ。
一人だけ点数申告を人任せという状況では、
楽しく麻雀を打てるはずが無い。

そもそも、自分の手が何点になるか分からないのは
根本的な問題だ。
手作り、押し引きの微妙な判断ができない。

麻雀をやる以上、符計算からは逃げられない。
腹をくくって、覚えるしかない。




麻雀 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


タグ:符計算
posted by シルバ at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 麻雀日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。